LINEビジネス活用サービス

アイ・エヌ・ジー・ドットコムでは、
LINEのサービスを活用した企業のマーケティングをサポートします。

LINEはユーザー同士であれば、国内・海外、通信キャリアを問わず、無料で音声・ビデオ通話・チャットが楽しめるコミュニケーションアプリです。
そして、国内の月間アクティブユーザーが7,500万人を超え、生活インフラとして定着しつつあります。
LINEを入り口として、人や情報・サービス、企業・ブランドがシームレスに繋がりつつある中で、LINEのビジネス活用は必須となっています。
LINEの複数のサービスを織り交ぜ、クライアント企業様の問題解決に向けた提案を行います。

LINEチャット(カスタマーサポート)

LINE公式アカウントの販売・運用代理パートナーとして、LINEを起点にした企業と消費者のコミュニケーションの業務設計から構築・運用までをワンストップでサポートします。
LINE上でのAI(チャットボット)による自動応答、有人チャット、電話(コールセンター)への切り替え、電話からチャットへの切り替えなど、チャットと電話をシームレスに連携させたハイブリッド型顧客サポートを実現します。

チャット対応業務のノウハウを活かし、課題や目的に合わせた業務設計、AI(チャットボット)用FAQ構築などが可能です。
AI(チャットボット)の導入は行わずに、有人チャット対応のみのご利用も可能です。

LINE広告(LINE Ads Platform)

LINE広告は、LINEのタイムライン上やLINE NEWS、LINEマンガ、LINE BLOG、LINEポイント、Smart Channelに広告を配信できる運用型広告です。
LINEは、10代から60代まで幅広く利用されているので、FacebookやTwitterでリーチできない層にもアプローチができます。
年齢、性別、地域(47都道府県別)、OS別、そして興味関心(18種類)などのみなし属性や、ソースセグメントに類似したユーザーを探し出してのターゲティング配信ができ、低予算でも始めることができます。また、LINEアカウントの友だち数を増やすための広告メニューもあります。LINE広告の審査手続きから広告運用までをトータルでサポートいたします。 ※広告出稿には、LINE(株)の事前審査があります。

特徴

LINEのみのユーザーや
幅広い層にアプローチできる

10代から60代まで幅広く利用されているため、FacebookやTwitterでリーチしにくい層やLINEしか利用していない層にもアプローチできます。

LINEを通して
友達を増やせる

LINEアカウントの友だちを増やすことができます。

ブランディング

静止画だけでなく、動画が活用できる配信先もあり、ブランディングの用途にも活用できます。

アプリの
インストール数を増やす

ダウンロードフォームを設置し、アプリのダウンロード促進や再利用促進を行うことができます。

LINE公式アカウント運用サポート

2018年12月から企業や店舗が活用できるアカウントが「LINE公式アカウント」に統合されました。
LINE公式アカウントは、「メッセージ配信」「タイムライン投稿」等を通じて、友だち登録をされたユーザーにダイレクトに情報伝達することができます。従来のメールマガジンは、会員登録されたユーザーであっても見てもらえないことが多くなっているため、LINEでのメッセージ配信に切り替える企業が増えています。
クライアント企業様の来店促進や顧客とのエンゲージメント向上などの目的に応じて、LINE公式アカウントの開設からアカウント運用までのすべてのプロセスをトータルでサポートします。

メッセージ配信は一斉配信となりますが、自社の顧客とID連携させることで、セグメント配信もできるようになります(※専用の配信ツールが必要です)